愛されたいって、

違う言葉で表現したら、

嫌われたくない。

寂しい想いなんてしたくない。

悲しい気持ちを感じたくない。

辛い思いをしたくない。


そんな言葉になるように思いません?


愛されたいって愛を求めてる時って、


「それ」を埋めたいからって時ありますよね。

でもね。

「それ」を埋める行為って、

自己的な満足感を求める行為だって思わない?


要は「足りないところを満たす」行為。


だから、結局自己満足にしかならないから、

相手には「愛」は伝わらない。

伝わらないどころか、

そこに「愛」は無いと思いません?



一方的に愛を求める

愛の略奪行為みたいな。



ちょうだい?ちょうだい?って。


私には無いからあなたが私に頂戴って。


愛される事で、

その心の隙間が埋まる気がしてる。



だから愛がもらえない、

もらってない、

感じられない、

感じてない時は、

すご〜く悲しくなったり、

寂しくなったり、

辛くなったり、

苦しくなったり、

嫌われてるって感じたりする。


いつも愛をもらっているかどうかを

確かめてる。


常に愛がそこにあるかを確認してる。



あなたの尺度で測った時に、

「無い」って感じたらそこには愛はないんだ。


そんな勝手だと思えるようなことが、

愛がないって心の中に前提である人は

常にそう感じてしまうんだ。



それは逆にきついですよね。



だっていつもいつも

「あるかないか」

の確認作業をしてないといけなくなるから。



愛されている人から心配されたら

それは心配と不安と取っちゃう。


愛しているから心配することもある。

愛しているから不安になることもある。



愛されてる不安。

愛されてる心配もあるんだ。



そして、

あなたが気がつかない愛が、

あなたの周りにはたくさんあるんだ。



目を凝らして見てごらん?

耳を澄まして聞いてごらん?

ちゃんと心を研ぎ澄まして感じてごらん?



今まで聞こえてこなかった声が聞こえる。

今まで見えなかったものが見えてくる。

今まで感じなかった気持ちが感じる。



あなたがどれほど愛されてきたか。

あなたがどれほど大事にされてきたか。

あなたがどれほど認められてきたか。

あなたがどれほど素晴らしい存在か。



だから当たり前って思ってること。

どうせそうじゃない!って思ってること。

きっとそうだと決めてしまったことに対してもう一度見直してみて。



あなたは愛されてる‼️

あなたほど周りから愛されてる人はいない。


本当にそれに気がつくから(^_−)−☆